板金加工とは

板金加工とは金属の板材を切ったり、曲げたり、穴をあけたりして任意の形状に加工する作業のことです。

金属製品にはほとんどが板金加工がされているといってもいいほどです。

イメージとしては折り紙を想像してみてください。
折り紙は手で折ったり、丸めたり、カッターやハサミで様々な形状に切ったり、パンチで穴を開けたりして、好きな形のものを作ることができます。

板金加工は、上記の工程を金属の板で行うようなものです。

折り紙とちがって金属は硬くて重いものなので、手やハサミで形状を変えることは難しいです。

その為、板金加工専用機械を使用し形状を変えていきます。

弊社で使用している機械をご紹介します。

・シャーリング(切る)

様々な材質の板(鉄・ステンレス・アルミ)を大きい板からご要望に応じた大きさに寸法切断します。
上下刃物で、はさみ込むように板を切断します。

大きなハサミのような切断イメージです。

・レーザー(複雑な形状に切る)

様々な材質の板(鉄・ステンレス・アルミ)を高精度かつ高品質に切断することが可能です。

大きめの板からご要望通りの形状に抜き取ります。
穴あけや複雑な形やデザイン、位置決め用マーキング(ケガキ)など幅広い用途に対応できます。

金型を使用せず、思い通りの形に切ることが可能です。

タレットパンチプレス(せん断・穴を抜く)

様々な材質の板を金型を使用して穴(長穴や開口)を打ち抜きます。

通称タレパン加工です。金型を使用しているので、熱影響を受けにくく、特殊な材質(銅・しんちゅう)を加工することが可能です。

板をNC(数値制御)により動かして加工しますので重量制限があり、厚板には不向きです。

レーザーでは加工できない、バーリング(穴フランジ加工)やダボ出し(突出成形)など金型があれば特殊な形状に加工することも可能です。

ブレーキプレス(折り曲げ)

プレス機器の一種で、通称ベンディングマシン。

平坦な板を様々な形状(金型を使用して)に曲げることが可能です。
L曲げ、コの字曲げ、箱曲げや、丸みをつけるR曲げ加工など立体的に金属が姿を変えていきます。

弊社では6mまで折り曲げ加工が可能ですので、従来溶接で繋いでいた製品も一体物で加工することが可能になるかもしれません。

一体物で製作することにより、納期短縮や見栄えの良い仕上がりが期待できます。 

ロール(巻く)

機械の名前の通り、板を滑らかな円筒状に曲げる加工です。

半円や部分的に曲げRを変化させる等、様々な加工に対応可能です。

・プレスマシン(穴を抜く・絞る)

板材を金型に当て、加工機を使って荷重による圧力を加えることで材料を金型の形に変形させる加工方法のことです。

プレスするには金型とプレス加工機が必要になります。

目的の形へ成形するための金型を作成します。一度金型を作成すれば短時間で同じ形のものを大量生産することが可能なため、

個々を手作業で製造するよりも製品の製造コストを大幅に下げられます。

弊社ではお客様のご要望に合わせて機械を選定し、

1個/ロットから製作させていただきます。

社内で材料から板金加工完成まで一貫して製作することが可能ですので、

試作品、緊急品にも対応可能です。

今までの製品事例はコチラよりご確認ください

PAGE TOP